車の下取りと買取どっちを選ぶ?

車は下取りよりも買取を選択しましょう

車の下取りと買取ではどちらがお得なのでしょうか?ケースバイケースですが、ほとんどの場合で買取の方が高くなるケースが多いです。車の買取店は中古車買取と販売を専門にしている企業が多いため、販売ルートやすぐに売れそうなお客さんを抱えているため下取りのように自社の中古車販売部門に流すよりも高額になりやすいです。下取り車をそのまま買取店に売却するケースも有ります。また下取りの場合人気車種(中古車市場で売れやすい)や人気色であっても査定額をアップしてくれることがありません。ただし、下取りでもメーカーが合致している場合など一部で買取店と差がでないこともあります。一般的に新車に買い換える場合、手続きが簡潔になることもあり下取りのみで査定してそのまま売却してしまう方が多いです。しかし、下取りと買取では10万以上の差額が査定額として出る場合もあります。中古車市場で人気の車であれば、10万以上の差が出ることがほとんどです。

買取店に売却するのが良いのか…というと、下取り・買取両方の査定を受けてみるのがベストだと思います。ディーラーでは「下取りあり・下取りなし」両方の見積を出してもらうことができますし、買取店の査定はオンラインで1分ほどで完了します。このサービスも大手(ガリバー・カーセブンなど)複数の買取店に一括で買取金額の見積を依頼できるので、より高額な会社に売却することも可能です。買取金額を見積もってから新車購入店で下取りありの見積をしてもらえば、より買取店との金額の差もわかりやすくなると思います。「下取りは損」と唱えるサイトも多いですが、これは半分正解で半分間違いですのですぐに買取に出さないようにしてください。確かに先述した通り、「ディーラー下取りより買取店の方が高額になるケースは多い」です。ただし、買取店の査定のみで決めてしまうより、その査定額を新車購入店に持ち込んで少し話してみましょう。交渉なんて難しい話ではありません。「買取店より高くならないですか?」とディーラーの営業マンと話すだけでOKです。頑張ってくれる営業マンもいることでしょう。もし、それでも買取店が高ければ素直に買取店で売れば良いでしょうし、差額と手続きなどの手間を考えて下取りがメリットがあれば下取りに出すのが良いと思います。

大切なのは、下取りと買取どちらかに決め打ちしないで両方の査定を受けることです。新車購入店は決まっていることが多いと思いますので、買取店の査定はできる限り多く受けましょう。そのために、オンライン上で情報入力(1分程度)するだけで買取希望の店舗から出張査定してもらえる無料一括査定サービスを利用します。「買取店を回らなくても希望の場所で査定してくれる」ことと「一回の入力で多くの買取店が査定してくれる」という大きなメリットが有ります。

下取りと買取をうまく使ってできる限り、高く車を売ってください。

このページの先頭へ